女性の体で最も印象に残る部分は乳房と言われることも多く、その存在はその人のメンタル面にも大きく影響するこ事となります。しかし乳がんになった場合、この女性の象徴とも言えるべき乳房を全摘しなければならないというケースも多く、それによって大きなショックを受けてしまう女性も少なくありません。更にはそのままうつ病になってしまう女性も存在します。
それほどまでに乳房というものは性を象徴する存在である為、女性の乳がんの手術の際には再建と呼ばれる施術が一般的に行われており、それによって乳房をもとの状態に戻すことが推奨されているのです。特に若い時に乳がんになった場合には、積極的に再建を行うことで違和感のない体を維持することが可能となります。

こうした再建手術は美容的な側面も持っている事から、保険が適用されるケースは少ないとされています。しかし、それでも手術を受けることで従来の体と同様の状態に戻せる、更にはさらに魅力的な体を手に入れることができるという状況にある為、ある意味では自分磨きのひとつとして前向きに考える事も推奨されているのです。

安全性
再建手術に用いられる素材は人間の体内で生成される脂肪、もしくはシリコンインプラントと呼ばれる特殊な素材になります。もともとシリコンは体の不足した部分を補う為に利用されていることも多い為、害のない存在として認められているのです。胸に入れるイメージが強い生理食塩水は乳房の皮膚を伸ばす際に利用される一時的な素材となっています。
形を整える際にはバンテージと呼ばれるアイテムが利用され、皮膚が中身を包み込むことができるように伸ばされる事となります。その際には無理に伸ばすのではなく、時間をかけてゆっくりと行われる為痛みなどを伴う心配もありません。一ヶ月程度かけて皮膚を伸ばした後は、前述のシリコンインプラントや脂肪が入れられ乳房となります。

メンタルケア
見た目が変化するというだけではなく、女性にとって体の一部が失われるという事は非常に大きなショックを受ける現象です。特に女性にしか存在していない乳房という存在が失われる事は大きなショックであり、また女性にしか体験することができないものだと言われています。
その為、乳がんになった女性のメンタルケアは女性が行うことが多く、病院には女性の心理カウンセラーが在籍しているというケースも多くあります。悩みがある時にはカウンセラーに相談する事でストレスが軽減されることも多い為、積極的に相談すべきと言えます。

オススメリンク

安定

乳がんによって摘出された後の乳房は、胸板だけの平らな状態となる為再建を行うには中身になんらかの物質を入れる必要があります。その際にはシリコンインプラント、脂肪が利用されますがその前に形を安定させる為にバンテージと生理食塩水が利用されるのです…Read more

再現率

再建による乳房の再現率は非常に高く、乳がんになったということに気づかないというケースも多いです。それは乳頭や乳輪といった細かい部分まで詳細に再現していることが大きく関係しています。一般的に全摘を行った場合は乳頭なども皮膚と一緒に切除されてし…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031